toggle
2017-08-05

小松織物 KOMATSU ORIMONO





小松織物 KOMATSU ORIMONO

COLLECT MANIAのウェアに使われる生地は全て石川県の小松市で織られています。

加賀絹の発祥の地として、日本を代表する織物の産地、加賀「小松」は 霊峰白山を仰ぎ見る豊かな自然環境と一年通して湿潤な気候、豊富な水資源といった長繊維織物製造とって最高の条件に恵まれ古くから織物の産地として栄えてきた町です。私たちの日本国内でのWEARのほとんどがこの近くで製造されているのではないでしょうか。

そんな小松の町で創業100年の伝統ある工場の職人さんと一緒に作り上げてきた、COLLECT MANIAの生地は織物の産地から自信を持ってお届け出来る物に仕上がっています。と、その証として、ジャガード織りされた製品に「小松織物のブランド」マークが付けられています。

反物が織り上がるまでの過程それは言葉では説明が難しい世界、結局は耳で音を感じ、手で糸を感じそして目で柄を感じと人間の五感と経験の積み重ねから生まれる経験値がここでは全てなような気がします。そうしてシャトル織機でゆっくりと時間をかけて反物が織られていきます。この感覚と経験一回はまると抜けれなくなるほどアナログで面白い。

複雑な柄を織り上げる為の「もんがみ」このジャガード織りは200年ほど前にフランスのジャカールと言う人が発明しこの織り機が今の私たちが使っているコンビューターの原理と言う訳らしい。0か1のデジタル技術(IBMが採用したコンピューターのパンチカードのオリジナル)になっているわけです。しかしデジタルなのかアナログなのかよく解らない織りあがっていくのを見ていて面白い世界です。

 

高速織機が主流の今の時代からみると随分と時代遅れに見えるがこの「シャトル織機」の良さが今、見直されています。こうして時間を掛けて織る生地が複雑な柄と何か生地にふっくらとした自然な温もりのある風合いを含んで織り上げている気がします。

 

 

昔の織り機で時間を掛けて織られたヴィンテージクロスで作られたCOLLECTMANIAのウェアぜひ袖を通してみてください。

 

COM-03 overspeck jk

時間を掛けてシャトル織機で織り上げた迷彩柄の上からもう一度迷彩柄をプリントした随分と手の込んだ生地で作られたジャケット。

よく見るとプリントの迷彩柄の中に織りの迷彩柄が浮き上がって見えると言う技法。まさに時間と手間を掛けた3D。

 

BLACK CAMOのジャガード織りジャケットは職人さんの手作業で作り出す生地の裏にカーボンのフィルムをラミネートしました。

これは通常の3Layerのジャケットに比べ着用時のジャケットの中の温度を3度〜4度上げることによって保温性を確保、まさに伝統

的な技法と最先端のハイテク技術が融合したジャケットです。

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA