toggle
2017-09-13

Carbon Black Jagard CAMO



Carbon Black Jagard CAMO

★COLLECTMANIAの#7(カラーNO)CA-BLACKの裏側、3Layerの裏材(2層目)に今季より新しくカーボンフィルムをラミネートしました。これは従来のホワイトフィルムに比べ強度と着用時の衣服内の蓄熱効果上げることを目的としています。もちろんフィルムの性能を最大限に発揮させる為に、吸汗拡散性の高いインナーを着用しないといけませんがまだまだ3LayerのJacketに保温性を求める人も多いと思います。インナーとアウターをうまくレィヤーリング出来るように強度と保温性を優先したジャケットを考えてみました。★テスト試験では3度から4度着用時温度を上げることが可能でした。

ブラックフィルムに合わせて3層目のバックニツトもブラックを採用している為に表、裏共にオールブラックです。やはり強度も増すのでスノーボードにはかなり向いているのでは無いでしょうか。もちろんシームテープをきっちり貼らないと目立ちますから手を抜けませんね。それとシームテープの状態もわかり易いので自分でリペアする時もし易いかもしれません。(写真)COM04 HUMAN Jacket

★裏側だけで無くてこのジャケットのもう一つの特徴は表のこのジャガード織り。今では高速織機が主流の中、昔のシャトル織機を使って一日一反程度と時間をかけてゆっくり柄を織り上げました。そんな職人さんの手作業で時間をかけて織り上げた織物にハイテクのカーボンフィルムをラミネートとこの組み合わせが実にメイドインジャパンらしくて良く無いですか。頼もしい一品です。

 

COM04 HUMANジャケットはマウンテンジャケットをベースに作られたCOLLECTMANIAの定番ジャケット

★COM04のHUMAN ジャケット以外にもCOM03人気のOVERSPECKジャケットにもカーボンBLACK一色のジャケットを作りました。こちらのジャケットはかなり街中での着用も意識して作っておりますので非常に汎用性に優れていると思います。

★加賀「小松」の町で職人さんの手によってゆっくりと丁寧に織られた表生地。

昔のシャトル織機を使って一日一反程度しかおり上がらないが丁寧に織り上げて行く地道な作業からこのウェアは生まれて行くと言うわけです。

 

 

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA